租税教室の講師をしました

先日、租税教室の講師をしてきました。小学生の前で話すというのは初めての経験です。
やるまでは気が重かったですが、やってみると楽しめました。

目次

租税教室の依頼が多いのは5月~7月

小学校、中学校から租税教室の依頼が多いのは、5月~7月です。
(租税教室は税理士会の支部単位で行っています。支部によって差があるかもしれません)

税の作文を提出するのに合わせて、その時期に依頼するのだとか。
私は子供の頃、税の作文を書いたり租税教室も受けた記憶はありません。地域 によって違うのでしょうか。

話すことを絞る

租税教室は、パワーポイントが税理士会で用意されていて台本のようなものもあります。
ただ、そのパワーポイントの内容をすべて話すと、かなりのボリュームになります。

そのため、話す内容を絞りました。話す内容は、税金の集め方、税金の使い方、税金の決め方の3つです。
税理士の仕事、税金の種類などは端折りました。

税金の集め方では、消費税と所得税の集め方をクイズを交えながら説明し、どちらが公平と感じるか、手を挙げてもらいました。所得税の集め方が公平と感じる子どもが多く、そんなことが分かるのも面白かったです。

小学生に話してみて

普段小学生と接することがないので、話を聞いてくれるのか不安でした。
実際に授業をしてみると、参加してくれました。みんな真面目で優しいですね。

当日は、3つのクラスを3人の税理士が一つずつ担当しました。
私が担当したのは3つ目のクラスで、最初の2クラスは見学や補助講師をしました。
多少騒がしいクラス、おとなしいクラス、反応がいいクラスなど、クラスによって違うものだなあと感じました。

日本の税収入を説明するとき、
70,000,000,000,000円と黒板に書いて、これ読める人いますか?と聞いてみました。
即座に、70兆円と答えた子どもがいました。
すごい!!(私はすぐに答えられません)

今年の租税教室の担当は終わりました。
今年は初めててこなすことに精一杯でしたが来年は話すこと、進め方を工夫してみるつもりです。

よかったらシェアしてね!
目次