クレジットカードで支払ったとき、どちらのレシートを残すのか

お店でクレジットカードで支払うと、レシートを2枚もらいます。
経費の領収書として、どちらをとっておくのか?それとも両方残さなければいけないのか?
考え方をご紹介します。

目次

2枚のレシート

お店でクレジットカードで支払うと、レシートを2枚もらいます。電子マネーで支払ったときも、レシートを2枚もらったりします。

お店でもらう2枚のレシートは、次のようなものです。

  1. 領収書と書かれていることが多く、以下の内容が印字されています。
    お店の名前
    日付
    商品・サービス名と、それぞれの金額
    合計金額
    支払方法(現金、クレジットカード、電子マネーなど)
  2. クレジット売上明細票と書かれていて、以下の内容が印字されています。
    お店の名前
    日付
    カード会社名
    合計金額

経費を支払った証明として必要な項目

経費を支払った証明として必要なのは、次の項目になります。

  • 日付
  • 商品・サービス名
  • 金額(複数の商品・サービスを買ったときはそれぞれの金額)
  • お店の名前

クレジットカードで支払ったとき、これらが印字してあるレシート(上記の①)を残します。

もう1枚のレシート(上記の②)は、購入した商品・サービス名と、それぞれの金額は印字されていません。そのため、何を買ったのか分からず、経費を支払った証明として足りません。

日付、商品・サービス名、金額、お店の名前が印字しているレシートを、7年間保存します。

クレジットカード利用明細は領収書の代わりになる?

クレジットカード会社の利用明細は領収書の代わりになりますか?と聞かれることもあります。
日付、商品・サービス名、金額、お店の名前が印字されていれば、領収書の代わりになります。

ただ、日付、金額、お店の名前は書かれているけど、商品・サービス名は書かれていないことが多いのではないでしょうか。
そうすると、クレジットカード利用明細も、経費を支払った証明としては、不足しています。
お店でもらった、日付、商品・サービス名、金額、お店の名前、が印字してあるレシートを保存します。

【あとがき】
昨日はきれいな満月を見ることができました。月の光が強くて、写真を撮ると光の線が写りました。

よかったらシェアしてね!
目次