フリーランスになったとき経理方法を相談することをおすすめします

会社員からフリーランス(個人事業主)になると、確定申告をする必要があります。確定申告をするためには、売上と経費を集計(経理をする)しなくてはいけません。経理に労力と時間をかけないために、最初の頃、税理士に、自分で経理をする方法を相談しておくことをおすすめします。

目次

最初から税理士の顧問契約は必要ない

事業を始めたとき、最初から税理士の顧問契約が必要、というわけではありません。
最初は、取引が少なく税理士を頼むほどではない、という場合もあるでしょう。
また、税理士と顧問契約をすると、それなりに費用がかかります。

税理士に依頼しない場合は、ご自分で、売上と経費を集計して、確定申告をすることになります。
インターネットや書籍で調べながらということが多いと思いますが、初めてのことを調べながら行うのは、労力と時間がかかります。

フリーランスになった最初の頃、経理の方法を相談して、やり方を知っておくと、経理、確定申告にかける労力と時間が減らせます。

調べる、迷うに費やす労力と時間を減らすため

経理方法を相談するメリットの一つは、調べること、迷うことを減らせること。

昨年独立して、今年初めて確定申告をした、
どうしていいか分からず、とても時間がかかってしまった、という話をききます。

どんなところに時間がかかったのかをお聞きすると

  • どの勘定科目を使ったらいいのか分からなかった
  • 何が経費になるのかならないのかが分からなかった

という内容が多いです。

分からないとインターネットで調べて、調べても分からないと迷う。
調べる、迷う、のは、かなりの労力と時間がかかります。

勘定科目のことでいうと、経費であれば、どの勘定科目を使ってもいい。

どの勘定科目を使うかで、たくさん調べて、迷うのに労力と時間をかけるのはもったいないです。
最初に税理士に相談して、ご自分の事業で使う勘定科目のルールを決めると、調べる、迷うことが少なくなります。

何が経費になるのかも、どのような事業をしているかによります。
税理士と相談して、経費になる、ならないのルールを決めましょう。

自分にあった効率化を知るため

相談するメリットの2つ目は、自分にあった経理の効率化がわかること。

経理に労力と時間をかけないためには

  • インターネットバンキングを使う
  • データとしてあるものを使う
  • 現金を使わない、減らす
  • 紙を使うのを減らす

などの方法があります。

ただ、事業によっては、できない方法があったりします。
その場合は、どうすればいいのかを相談する。

また、普段、パソコンを使える状況ではない方は、スマートフォンでできる方法など、
ご自分にあった効率化の方法を教えてもらう。

単発で経理の方法を相談する、という税理士の活用方法をおすすめします。

【あとがき】
昨日は、1年前に開業された、ご近所の司法書士の方とお話しをしました。
開業後のこと、相続のことなど、いろいろお話ができて、有意義な時間を過ごしました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる